ホーム>手作りパッチワークブログ>2016年2月

2016年2月

ハワイアンキルトのバッグ

2016228114829.JPG2016228115017.JPG近鉄上本町教室の澤田さんの作品です。横型のトートバッグですが中に紐をつけて寄せられるようになっています。持ち手を付けるのに何回かやり直していやになりかけた事もある、困難を乗り越えた制作だったそうです。これを越えたとき見えるものってありますよね。

ハワイアンキルトのビッグトート

201622620357.jpg自宅教室の千原さんの作品です。ティアレのパターンのハワイアンキルトのバッグです。1段下がったところにファスナーがついたワンランク上の仕立てです。持ち手も足折れ金具でつくタイプ。大きさは2泊くらいの旅行の荷物が入る

たっぷりサイズです。

ぶどうのリバースアップリケと桜の額

2016217173319.JPG2016217174111.JPG近鉄橿原教室の時岡さんの作品です。配色がいいですねー。画像ではわかりませんがまつり縫いが本当にすばらしいです。

ハワイアンキルトのバッグ、眼鏡ケース

201621521129.JPG201621521231.JPG201621521315.JPG近鉄橿原教室の内記さんの作品です。ティキティキやモンステラなどハワイアン気分満載です。コードパイピング仕立ての

高度な技術が使われています。

ハワイアンベビーキルト

2016210123559.jpg近鉄阿倍野教室の村上さんの作品です。110×110センチのベビーキルトです。プレゼントされた赤ちゃんはhappy。

ブティのバッグ

201629212453.jpg201629212659.jpg20162921291.jpg近鉄上本町教室の辻野さんの作品です。渋めのライトグリーンのむら染にバラのモチーフでブティを刺しています。

中振りのいい大きさで肩掛けもできる持ち手はちょっと売っていない逸品です。

ボルチモアキルト

20162713349.jpg20162713835.jpg20162713447.jpg近鉄上本町教室の辻野さんの作品です。サイズは1メートル位のものです。4枚のモチーフとブドウのボーダーで構成されていますが、どれも手間ひまかけています。そして重くならないように配色にもこだわった、とてもいい作品になりました。

ページ上部へ